etoffeのこころ*

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

旬・・とうもろこし

a0118475_1543647.jpg

a0118475_1545753.jpg

a0118475_1551657.jpg


子どもの頃・・
とうもろこしを食べたら30分間はお水を飲んだらいけないと思い込んでいた
母なのか父なのか近所のおばさんからなのか覚えてはいないけれど
身近な大人から聞かされていた教え

とうもろこしは大好き!
でも食べる時はこの教えが頭をよぎりささやかな緊張感を持ちつつ食べる
飲んじゃいけないって言われると余計に意識して飲みたくなるし・・
一口ぐらいならと後ろめたさとお腹が痛くなるんじゃないかという不安を振り払いながら・・ゴクリ

とうもろこしを食べるとこんな子供の頃の事を思い出す。。
今思えば、きっととうもろこしは消化が良くないから
お腹を壊さないようにとの思いで言った言葉なんだろうと思う
今はガリガリ・・ゴクゴク・・でもへっちゃら

子どもの頃って純粋だから
言われたことは信じちゃうものね


あの頃の夏は扇風機。。
夜には蚊帳を吊って開け放ったままの窓
田んぼを渡ってくるうちに少し涼やかになった風と扇風機。。
まだエアコンなんて無かった頃・・

まだ今より夏がやさしくて純粋に好きって思えた頃・・


a0118475_155355.jpg

ラテちんはいつもはグタ~ってひっくり返っているけど
食べ始めるとキラ~ンのおめめで正しく待って・・
なんか最近ますますお鼻の色が薄くなってきたような・・
ちっちゃい頃はあんなに真っ黒くろすけだったのに。。






♪いつもありがとうございます
励みになりますので応援よろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
by etoffe222 | 2010-07-23 15:50 | おいしいもの

早朝のエネルギー

a0118475_17145989.jpg
燃えだす東の空 AM4時14分

a0118475_17151773.jpg
エネルギー通過中の北の空

a0118475_17153012.jpg
西の空に向かうピンクの帯

a0118475_17154731.jpg
東の空 AM4時22分


a0118475_1716496.jpg


早朝・・4時ちょっと過ぎ
東の空から湧き上がった朝焼けは私の頭上を通り抜け
北の空をもピンクに染めて西の空へと駆けて行った

こんなにもすごい輝きのオレンジ・・
まだ静かな家々の上にも屋根の遥か上から平等に万遍なく
草木にも虫たちにも・・
そのエネルギーを降り注いでくれてるよう

それは約10分足らずの出来事・・
東の空が白み始め・・
輝く一日の始まり・・


日中はこんなにも輝く青空。。






♪いつもありがとうございます
励みになりますので応援よろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
by etoffe222 | 2010-07-16 17:22 |

おとぎ話みたいな空

a0118475_17422898.jpg

エゴの木の花のじゅうたん

a0118475_17425390.jpg

エゴの木の木陰で・・

a0118475_17431047.jpg

a0118475_17433463.jpg

ミニチュアになって見上げた空

a0118475_17434866.jpg



ラテと散歩に出たらお隣の庭が白い小花のじゅうたん・・キレイ
その木陰で早くも一休み?・・久しぶりなさらさらの風を感じ、匂いを感じ

ズンズン進んで・・目に留まったお庭の家庭菜園
フェンスから脱出しょうと空に向かってグングン伸びるきぬさや
ラテの目線で小さくなって見上げたらまるでジャックと豆の木みたいなおとぎ話の空
空き地の雑草越しの空も嘘みたいな青さの空・・

目線を変えたらちっぽけな私・・
視点を変えたら思いがけない世界・・


少し前のある日のお散歩・・







♪いつもありがとうございます
励みになりますので応援よろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
by etoffe222 | 2010-07-10 17:47 | お散歩

梅仕事

a0118475_12555045.jpg
青梅を浸らせ水鏡

a0118475_125684.jpg

a0118475_12562549.jpg
梅酒用は不揃いの安価な梅で・・

a0118475_12564365.jpg

a0118475_12574920.jpg
ふっくら熟して匂い立つ瑞々しさ

a0118475_1258236.jpg

a0118475_12582026.jpg
ざるに並べて乾かしましょ

a0118475_12583531.jpg
ラテに食べられないように気を付けないと

a0118475_12585383.jpg


毎年廻るこの季節・・梅の時期(6月)

甘酸っぱい香りを漂わせる青梅は梅酒に・・
台所で水に浸かった青梅は清々しさと遠い記憶を呼び覚ましてくれた
子供の頃に庭の青梅をガリリと噛んで母を慌てさせひどく叱られた記憶・・
子供ごころにあのいい香りが勝り、まさか毒があるとも知らずに

今年はホワイトリカーとブランデーと二種類

熟した梅は、ずっと作ってみたいと思っていた梅干し用・・初挑戦
熟れた梅があんなにもいい香りとは知らなかった
まるで桃のような香りが部屋中にたちこめしあわせの時
水滴を纏ったそれは瑞々しいフルーツそのもので・・

まだ仕込み途中の梅干し作り(丁度2週間目)
そろそろ赤紫蘇の入れ時かな
うまくいくといいな・・初梅干し作り


梅酒も梅干しもいつだってスーパーで手に入るもの
なのにわざわざこの時期、面倒を背負い込みたくなる・・梅仕事
その季節を瓶や樽に封じ込めておきたいのか・・愛おしいのか・・

でも一年先までこの時期の恩恵を受けられる楽しみ・・


その後、梅シロップ用の梅も求めて只今冷凍中(冷凍すると短期間でできるらしい)
それから昨年の梅酒に漬かった梅もジャムにしてみようかと冷蔵中
梅仕事はまだまだ続く・・


辰巳芳子さんの「庭の時間」という本に出てきた言葉・・梅仕事
その言い当てて、響きの良い言葉が私も好きになった







♪いつもありがとうございます
励みになりますので応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
by etoffe222 | 2010-07-02 13:00 | 日々のこと