etoffeのこころ*

Toile de Jouy

古い布が大好きです
新品にはない時を経て変化した表情・・質感・・大好き
a0118475_19112414.jpg

フランスの布Toile de Jouy(トワル・ド・ジュイ)
何年か前に横浜のアンティークフェアで求めたもの
120年ぐらい前にカーテンとして使われてたものらしく
ところどころ色が褪せて薄くなっているところもあるけれど
私はそういう場所が返って好き
繊細な線描写に何ともいえない美しい色・・絵画のよう
最初はハサミを入れるのにちょっと勇気がいったけど・・
おっきな布でたっぷりあるからどんどん使おう
薄くなっているところは、ハートにカットしてから
キルティングしてサシェを作ったりクッションも・・
バックも作ってみたいな
大事に使おう・・大好きなトワル・ド・ジュイ

一体どんな家の窓を飾っていたのかなぁ・・美しいトワル・ド・ジュイ
a0118475_19114039.jpg
a0118475_19115441.jpg

※1970年頃、フランスの田舎町Jouy en Josas(ジュイ・アン・ジョザス)に
ドイツ人が工場を作り染色布地プリントを始めたのがきっかけで
生まれたToile de Jouy(トワル・ド・ジュイ)
牧歌的な田園を舞台に羊や鳥や天使達、美しい花々に囲まれた、
のどかな生活がエッチングの繊細な描写で描かれている
多色刷りにも勝る独特の色で、優しい雰囲気の生地
マリーアントワネットも愛したこの布はベルサイユ宮殿をも飾ったという
by etoffe222 | 2009-03-10 19:18 | アンティーク